マネー辞典 m-Words

ダブリューアールひりつ

W/R比率 Wholesale/Retail Sales Ratio
卸小売比率 /
卸小売比率

W/R比率とは、小売販売額に対する卸売販売額の比較から、卸売活動の規模を測ろうとする比率のこと。

計算式は「(卸売業販売額-産業用使用者向け販売額-海外向け販売額)÷小売業販売額」である。

この比率は、流通経路の長さ(流通の多段階性)を測る尺度として多く使われる。

例えば、ある製品において他段階のチャネルが形成される場合、卸売業者間での販売が繰り返されることとなる。すると計算式における分子が大きくなり、W/R比率は大きくなる。

以前から日本のチャネル段階数は、欧米のそれと比べて多く、流通経路が複雑であるとされてきた。それを説明する際に、日本におけるW/R比率の大きさが持ち出されることが多い。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.