マネー辞典 m-Words

エスシーエム

SCM Supply Chain Management
サプライチェーンマネジメント /
サプライチェーンマネジメント

SCMとは、企業活動の管理手法のひとつ。

「サプライチェーン」とは、原材料や部品の確保から製造、流通、販売という、最終消費者に至るまでの財と情報の流れに関する全ての活動を意味する。このサプライチェーンを統合的に管理する経営手法や、そのための情報システムが「SCM」である。

ここでの目標は、全体として最適な財の流れを作ることである。そのため、原材料供給業者や製造業者、流通業者、物流業者などが垣根を越えて、在庫に関する情報を共有する。

そのためコンピューターを使い、需要を高精度で予測する。仮に需要に変化があれば、生産や調達などを柔軟に変更する。このようにして余剰在庫の削減、適正な生産体制の整備を行い、コストを削減し、付加価値を高め、顧客満足を向上させる狙いがある。

ちなみにSCMの概念はロジスティクスの研究から生まれたものである。しかしSCMは物流のみならず、より広範囲の活動と関連しており、ロジスティクスの戦略性をより高めた概念ともいえる。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.