マネー辞典 m-Words

アールオーイー

ROE Return On Equity
自己資本利益率
株主資本利益率
自己資本当期純利益率 /
自己資本利益率
株主資本利益率
自己資本当期純利益率

ROEとは、株を発行して得た資金や利益の残りを積み立てた資産(=株主資本)に対する当期利益の割合。収益性分析の指標の一種で、株主資本がいかに効率的に活用されているかを示し、企業の経営効率を測定する。企業はROEを投資家に目標として明らかにし、投資家は投資判断材料として用いる。

企業経営においては、株式を追加発行して発行済み株式数が増えるとその資金は株主資本に含まれるようになる。すると、株式資本が増えた分利益を増やさない限り、1株あたりの利益は減少し、株価が下がる恐れもある。このように利益が増加する以上に株主資本が増える場合もあるため、利益の増減よりROEを見て株式市場の価値や配当能力を判断することが重要視されている。

なお、ROEは「一株あたりの純利益÷一株あたりの純資産(純資産の部から新株予約権と少数株主持分本を引いたもの)×100」で求められる。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.