マネー辞典 m-Words

エービーシーぶんせき

ABC分析 【重点分析】

ABC分析とは、売上管理、在庫管理、販売管理等をする上で、品目をA、B、Cの3つの区分に分けて分析する方法のこと。分析表を作成し、パレートの法則に基づいたパレート図を描くことで、視覚的にもどの品目の重要性が高いかを理解することができる。

例えば売上管理なら、売上の高い品目から順に並べ、全体の売上のうち70〜80%を占めている品目をA区分、次の80〜90%を占めている品目をB区分、さらに次の90〜100%をC区分とする。A区分ほど品目が少なく、C区分ほど品目が多くなる傾向にあり、A区分を主力商品、B区分を準主力商品、C区分を非主力商品と位置付けることができる。

パレート図では売上高累積構成比を縦軸に取り、横軸を売上の高い品目から順に並べ、折れ線グラフを描くと、A区分で急激に売上が伸び、B区分、C区分になるにつれて緩やかなカーブを描く傾向にある。

ABC分析によってどの商品が主力商品で、取り組みへの優先順位をつけることができるが、分析はあくまでも過去のデータからのものであり、今後の新しい主力商品を生み出すには別の視点からの分析も必要となる。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.