マネー辞典 m-Words

さんぜんまんえんのとくべつこうじょ

3000万円の特別控除

3000万円の特別控除とは、居住用財産を売ったときに適用される税金控除のこと。所有期間の長さに関係なく所得から最高3,000万円までを控除できる特例である。特例を受けるためには、確定申告をすることが必須となる。

特例を受けるための適用要件は、(1)自分の住む家を売るか、家と一緒に敷地や借地権を売ること。また、以前に住んでいた家や敷地などの場合には、住まなくなった日から3年目の12月31日までに売却すること、(2)売った年の前年や前々年にこの特例かマイホームの買換えやマイホームの交換の特例、マイホームの譲渡損失などの特例を受けていないこと、(3)売った家や敷地について、収用などの特別控除など他の特例を受けていないこと、(4)災害によって滅失した家は、その敷地に住まなくなった日から3年目の12月31日までに売却すること、(5)住んでいた家や住まなくなった家を取り壊した場合は、敷地の譲渡契約が取り壊した日から1年以内に締結され、住まなくなった日から3年目の12月31日までに売ることと、家屋を取り壊してから譲渡契約を締結した日まで、その敷地を貸駐車場などに使用していないこと、(6)売主と買主の関係が、親子や夫婦、生計を一にする親族、内縁関係にある人、特殊な関係のある法人でないこと、となっている。

なお、3,000万円の特別控除は、特例を受けることだけを目的として入居したと認められる家や、居住用の家を新築する期間中だけ仮住まいとして使った家屋、その他一時的な目的で入居した家、別荘などのように趣味、娯楽や保養のために所有する家には適用されない。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.