マネー辞典 m-Words

ようせん

陽線

陽線とは、株や為替相場を表すチャートローソク足で、時間足、日足週足といった一定単位時間で始値より終値の方が高かった場合に現れる線のこと。反対に始値より終値の方が低かった場合には陰線が現れる。また、陽線や陰線から上下に伸びているものをヒゲといい、一定単位時間内の高値安値を表現している。

ローソク足は実体部分およびヒゲ部分で表現されるが、陽線と陰線は色で区別される。チャートによって表現される色が異なるが、モノクロの場合は白が陽線、黒が陰線となる。また陽線を赤、陰線を青で表現するチャートもみられる。

始値と終値が同値だった場合、寄引同時線と呼ぶ。寄引同時線は、ローソク足の実体がほぼなく、ヒゲが上下に伸びているため十の字の形状になっており、相場の転換点に現れる傾向にある。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.