マネー辞典 m-Words

ちょうきあずかりきん

長期預り金

長期預り金とは、企業会計上のバランスシート(貸借対照表)で使用される勘定科目の、固定負債の部の仕訳のひとつ。

取引先や役員従業員から一時的に預かっているお金で、返済予定が決算日の翌日から起算して1年を超えるものを長期預り金の勘定科目へ計上する。取引先から預る営業保証金や、役員や従業員から徴収した源泉所得税住民税社会保険料雇用保険なども預り金の勘定科目を使用する。旅行積立金なども計上することができる。ただし、営業保証金や敷金などについては、預り保証金長期預り保証金の勘定科目を使用することが望ましい。また、社会保険料と雇用保険は販売費及び一般管理費の部の仕訳である法定福利費の勘定科目を使用することも可能。雇用保険料は法定福利費に計上するほうが簡単であり、事業主は、雇用保険料全額から従業員負担額を差し引いた金額が経費となる。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.