マネー辞典 m-Words

はいとうせいこう

配当性向

配当性向とは、企業が当期に獲得した利益のうち、どれだけを配当として現金で株主に還元しているか、ということを示す代表的な指標のこと。配当支払金額を当期利益で割った数値をパーセント表示したもの。一般に、成熟段階にある企業ではこの数値が高く、発展段階にある企業では逆に低くなるという傾向がある。また、この数値は、企業の利益処分における余裕度を見る尺度ともなる。日本企業では、近年株主重視政策の一環として、配当性向を高める傾向にある。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.