マネー辞典 m-Words

ざいげんきせい

財源規制

財源規制とは、株主に対する剰余金配当自己株式の取得に制限を設けること。剰余金の配当や自己株式の取得は、分配可能額を超えて実施することはできない。剰余金に関しては会社の純資産額が300万円を下回る場合には配当できない。財源規制をすることで株主が会社を私物化することを防ぎ、債権者の利益を守ることにつながる。

もし財源規制を破った場合、会社や会社の債権者は株主に対して配当や自己株式の返還を要求することができる。株式買取請求に応じて自己株式を取得した場合でも、株主に交付した額が分配可能額を超えていた場合、業務執行者は会社にその超過分を支払う義務がある。また、剰余金の配当や自己株式を取得して、決算期末に欠損が出た場合、業務執行者は分配可能額超過如何にかかわらず、分配額を上限として欠損額を支払う義務がある。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.