マネー辞典 m-Words

かいさんかち

解散価値

解散価値とは、企業が解散(倒産)したとき、資産総額からすべての負債を支払った後に残った資産をいう。「純資産」、株式会社は株主のものであるから、会社の解散価値は株主のものになるという考え方から「株主資本」ともよばれる。賃貸対照表上の資産、負債は時価に比べて過少または過大に表示されていることが多く、実際に解散価値がどの程度なのかはつかみにくい。また、実際に企業が解散するような場合は、業績不振で負債が試算を下回る状態であると考えられるので、解散価値は必ずしも現実的な投資尺度とはいえない。解散価値を発行株式数で割ったものが「1株あたりの解散価値」であり、株価を1株あたりの解散価値で割ったものが「PBR(株価純資産倍率)」である。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.