マネー辞典 m-Words

だいろくじさんぎょう

第六次産業

第六次産業とは、第1次産業である農業などで生産された食料を加工して、販売までを一元的に実施する産業のこと。加工することが第2次産業、販売することが第3次産業となるため、1と2と3を足し、もしくは掛けて第6次産業と呼ばれる。

第1次産業に従事する農家などが、ただ生産するだけではなく、自ら加工、販売することで生産物の競争力をあげ、一次産業を発展させ、収益力を高めるために、近年第6次産業が生まれている。

例えば北海道十勝にある花畑牧場は、第1次産業として酪農をするだけではなく、乳製品を加工した商品を開発して生キャラメルなどのヒット商品を生み出し、花畑牧場をブランド化することに成功した。他にも、米をつくる農家が米から米粉に加工し、新しい米の消費方法を提案する農家もある。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.