マネー辞典 m-Words

ぜいせいのグリーンか

税制のグリーン化

税制のグリーン化とは、環境負荷に応じた税の差別化のこと。二酸化炭素の排出に努力する者の負担が軽くなり、努力しない者の負担が重くなるという仕組みとなる。2009年現在導入が検討されている環境税が、税制のグリーン化に最も効果的な税であるとされる。

環境税の導入前はあくまでも自主的な取り組みで二酸化炭素の排出削減がなされていたが、環境税が導入されれば努力するほど経済的に報われるという仕組みができ、税制のグリーン化が実現する。

また、自動車税では税制のグリーン化が実施されている。2005年排出ガス基準75%低減レベル達成車のうち、燃費基準の達成度により自動車税率を25%〜50%まで引き下げられている一方で、製造年から一定の年月が経っている自動車に対しては税率が約10%高くなるという措置が取られている。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.