マネー辞典 m-Words

かんりめいがら

監理銘柄 【監理ポスト銘柄】

監理銘柄とは、上場されている有価証券が上場廃止基準に該当するおそれがあると認められた場合に、証券取引所によって一般の株式銘柄と区別される、監理ポストに入れられた銘柄のこと。ほかに、特定の投資家や仕手筋による株買い集めがあり、そのうえ株価が急激に上昇するなど売買が著しく変動する場合などにも監理ポストに移される。

上場廃止基準は、上場株式数、株式の分布状況、売買高、上場時価総額、債務超過などで、これらの一項目でも抵触する疑いがあれば監理ポストに入れられる。例えば経営不振などのニュースが伝えられたにもかかわらず会社の説明が不十分な時や、浮動株の不足などがある時に監理ポストに入れられる。通常の上場場所は一般ポストと呼ぶ。

一般ポストから監理ポストに移す目的は、上場廃止基準に該当するおそれがあると認められた事実を投資者に公表することにある。監理ポスト銘柄が上場廃止基準に該当することが分かれば、一般ポストに戻されるが、上場廃止基準にふれているため、上場廃止が決定された場合は整理ポストへと入り、1ヵ月後に上場廃止となる。

監理ポスト銘柄や監理ポスト銘柄は通常の株取引が認められている。投資家は監理ポスト銘柄や監理ポスト銘柄を主に売却処分するが、短期的な値動きを狙って買う場合や、監理ポストから一般ポストに戻る予想を立てて買う場合もある。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.