マネー辞典 m-Words

とっきょ

特許

特許とは、特定の発明品などを独占して利用することが国から認められること。特許法に定められており、個人や法人による申請に対して、国が認めることで特許が発生する。特許権が保護しているのは発明で、発明を奨励して産業の発達に寄与させることが特許権創設の狙いとなっている。ここで、発明とは自然法則を利用した高度な技術的思想の創作のことをさす。

特許権を取ると、出願日から20年間、当該発明での絶対的な独占権が認められる。他者が独自に開発を行ったり、特許が取得されていたことを知らなくても、第三者が特許発明をすることはできない。

特許の対象になるためには以下の要件を満たす必要がある。まず第一に発明であること、つまり科学的な発見などではなく創作である必要がある。第二に、新規性や進歩性があること。同時期に新しい発明がなされた場合は、早く出願した方に特許権が与えられる。

特許権の効果は各国別であるため、海外で事業展開をしている場合には外国出願をする必要がある点に注意しなければならない。費用は国内の特許権の2〜3倍になるとされている。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.