マネー辞典 m-Words

きかんかげんしょう

機関化現象

機関化現象とは、機関投資家の持株が増え、市場に出回る株式数が減少すること。機関投資家の持株比率が高まるにつれて、個人株主などの持株比率が低くなる。

機関投資家とは投資顧問会社、信託銀行損害保険会社、生命保険会社、証券会社、年金基金などが保有する資産を運用する投資家のことで、機関化現象が進むと株式相場は一定の傾向を見せるようになる。

機関投資家はコンピュータの指示に従ったシステム運用を主に実施しており、競合他社の動きを意識しながら、極力リスクの少ない方法を選択する傾向にある。その結果、類似した投資方法を選択することになり、相場が一定の傾向見せるようになる。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.