マネー辞典 m-Words

ときしらず

時鮭 【時サケ】
時ざけ /
時ざけ

時鮭とは、毎年5月から7月頃にかけて三陸沖や北海道沖で捕れるサケ(シロザケ)のこと。サケが旬の季節の秋ではなく、春から夏にかけて捕れるため、時期が異なるという意味で「ときしらず」と呼ばれ、実際に「時知らず」と書かれることもある。

時鮭となるのは日本の河川で生まれたサケではなく、ロシア北部の河川で生まれたサケと考えられている。回遊中に日本の近海に現れた若い個体であり、まだ成長途中で卵巣や精巣も成熟していない。そのため、身肉に栄養素や脂が凝縮されていて、非常に美味だとされる。

同様に若いサケで、時鮭よりもさらに美味とされるのが「鮭児(けいじ)」で、10月から11月頃に数千本に1本という割合でしか水揚げされないため、幻の鮭とも言われる。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.