マネー辞典 m-Words

しんきかぶしきこうかい

新規株式公開 IPO
Initial Public Offering /
Initial Public Offering

新規株式公開とは、未上場企業が、新規に株式証券取引所上場し、投資家に株式を取得させることをいう。 株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出される。これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOという。

企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるため、近年株式の新規公開を目指す企業が急増している。

投資家にとっては公募価格は割安に設定される場合が多く、また新興企業など歴史の浅い会社が多く、今後の業務急拡大が期待できるなど、上場後、株価が大きく飛躍する例が多く、市場の注目を浴びている。

株式上場に際し、株価を決める必要があり、公募価格を決めるのにブックビルディング方式、入札方式の2つの方式が使われている。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.