マネー辞典 m-Words

しょとく

所得 income

所得とは、個人・企業などの経済主体が勤労・事業・資産などから得た収入金額から、その収入を得るために使った必要経費や所定の控除額(給与収入の場合は給与所得控除額、年金収入の場合は公的年金控除額)を差し引いた金額のこと。所得には貸家、貸事務所などから得る「不動産所得」、公社債・預貯金の利子や公社債投資信託の収益分配金などから得る「利子所得」、公社債投資信託以外の投資信託の収益分配金や剰余金配当による「配当所得」、給料・賃金または賞与などから得る「給与所得」、有価証券の譲渡などから得る「譲渡所得」、賞金や生命保険一時金などの「一時所得」、山林の譲渡による「山林所得」、退職金または社会保障制度に基づによるく退職一時金による「退職所得」、有価証券の譲渡・先物オプション取引による所得や割引債の償還差益による所得、またはその他から得る「雑所得」などの種類がある。ここで所得税とは、毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た所得の金額にかかる税金ことである。なお所得税の計算においては、源泉徴収された所得税額があった場合でも、源泉徴収される前の収入金額で計算される。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.