マネー辞典 m-Words

さいむちょうか

債務超過

債務超過とは、貸借対照表において資産の部の残高よりも、負債の部の残高が多い状態のこと。自己資本(純資産)がマイナスの状態であるため、資産を全て売却しても負債が残る。

企業は、出してしまった赤字を自己資本によってまかなえない場合には借入金によって、それを補う必要がある。しかし債務超過に陥った企業は、この借入金を返済できる見込みがない状態といえる。そのため企業にとって非常に危険な状態で、倒産する可能性も高くなるといえる。同時に信用力を低下させ、新規での融資を受けることを困難にさせる。東京証券取引所上場している企業の場合には、債務超過が2年続くと回復の見込みがないとされて上場廃止となる。

債務超過を解消するには一般的に、増資によって資本を増やす、負債を免除してもらう、負債を株式に振り返る、利益をあげて資産を増やすなどの方法が考えられる。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.