マネー辞典 m-Words

きぎょうかち

企業価値

企業価値とは、企業の値打ちを表したもので、M&A株式交換などの際に参考にされる数値のこと。企業が現在の資産で生み出すことができるキャッシュフロー現在価値に直した事業価値に、預金などの金融資産の総和が企業価値となる。バランスシートで算出される企業が持つ資産の簿価ではなく、将来にわたって生み出すことができるキャッシュフローも考慮した時価によって算出される。

事業価値はDCF(Discounted Cash Flow)と考えることができ、DCF法によって算出することができる。DCFは、企業が将来生み出すフリーキャッシュフローを割り引いて算出した現在価値のこと。この数値が大きいほど今後企業が獲得するキャッシュフローが多いということを意味する。

企業価値は、企業M&Aの際の取引価格の算定をはじめ、銀行の融資先資産判定や債権引当の算定、株式や不動産の価格評価、など幅広く用いられている。DCF法による企業価値の算定は1980年代後半よりしだいに使われはじめ、不動産鑑定では2002年の不動産鑑定基準の改定の際に、正式にDCF方が採用された。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.