マネー辞典 m-Words

ロングテール

ロングテールとは、収益構造の一つ。多くの「死に筋商品群(売れていない商品群)」の売上高が、全体の収益を支えている状態のこと。

商品の需要をグラフで表す場合に、縦軸に「売上高」、横軸に「売れ筋順位」をとると、右側の死に筋商品群の部分が、長い尾(ロングテール)のような曲線を描くことに由来している。

これは特にインターネット通販で見られる現象である。その背景には、インターネット通販が在庫や売り場をほとんど必要としないため、膨大な商品ラインナップが可能となり、死に筋商品でも長く店頭に置けることがある。代表的な例としては、アメリカのネット通販大手であるアマゾンドットコムなどが挙げられる。

ちなみに、従来の商品市場の原則としては「パレートの法則」があった。それは2割の売れ筋商品が、8割の売上高を生むという考え方であった。そのため、売り場面積に限界のある店舗では死に筋商品は取り除かれるのが原則であった。そのため、この「ロングテール」の収益モデルは「パレートの法則」とは逆の考え方に基づいているといえる。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.