マネー辞典 m-Words

フランチャイズチェーン FC
franchise chain /
franchise chain

フランチャイズチェーンとは、主宰者(フランチャイザー)が加盟店(フランチャイジー)と厳格な契約を結び水平な組織を形成する経営形態のこと。主宰者が有名な製品や先進的なサービスを提供できる場合に多い。日本ではコンビニエンスストアや、ファーストフードを筆頭とする飲食サービスなど多くの分野で行われている。主宰者は加盟店に対して、自己の商標などを用いて統一されたイメージの下、一定地域内で特定の事業を行う権利と、商品の製造、販売およびそれに付随する権利を保証する。また、その経営ノウハウを用いて店舗構成、販売促進、従業員の教育などの経営指導も行い、継続的な事業関係を維持する。一方の加盟店はその見返りとして主宰者へ一定の加盟料と手数料を支払う。メリットとしては、主宰者側ならば限られた経営資源でも急速な事業拡大が可能な点が、加盟店側ならば事業への経験や知識が不足していても参入が可能である、少ない資本投資で組織的な事業展開が行える点などがある。ただしその一方で、主催者側の力が強いために加盟店の行動は制限され、過大なノルマの要求などに苦しむ場合もある。ちなみに、類似しているがより各店舗の独立性の維持を重視して、多数の業者が仕入れや配送、販売促進などを共同化する企業間組織をボランタリーチェーンという。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.