マネー辞典 m-Words

ディスカウントストア DS
discount store /
discount store

ディスカウントストアとは、一時的なセールではなく、常に低価格で商品を提供する安売り店のこと。一般的には生鮮食料品を除く生活用品を総合的に取り扱う。

現金での大量仕入れによる安価な商品調達や、店舗費、人件費、広告費、包装費の削減によるローコストオペレーション、薄利多売といった運営が特徴で、これらの仕組みにより商品を安く売っても利益を得ることができる。

アメリカにおいては1950年代に生まれ、1960年代から急成長してKマートが業態として確立し、その後、小売業界で売上高1位を記録するまでに成長した。ちなみに、現在は同じディスカウントストアのウォルマートがその座を守り続けている。日本においても、1950年代から存在するものの著しい成長はなかった。しかしボーダレス化の進展や、バブル崩壊後の深刻な不況を経て、安く商品を買いたいという消費性向の強まりとともに、消費者の支持を集めるようになった。そのような流れを背景に近年では、食料品を含むものや、玩具のみといった具合に取り扱い品目を限定したもの、メーカーや小売店の売れ残った商品を廃棄せずに売り切るためのアウトレット、並行輸入により海外の有名ブランドを安く仕入れて安く売るオフプライスなどディスカウントストアの形態も多様化している。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.