マネー辞典 m-Words

スワップ swap

スワップとは、スワップとは、2者間で等価のキャッシュフローを交換する取引のこと。契約では、お金をいつ交換するのか、その金額をどう計算するのかを決めておく。スワップの交換は1回だけではなく、長期間にわたって数回行われるのが一般的。取引は、売り手1人に買い手1人の相対取引で行われる。

スワップ取引は、何を交換するのかで、金利スワップ通貨スワップに分けられる。金利スワップとは、同じ通貨間の異なる種類の金利を交換する取引のこと。この取引では、通常、元本の交換をしない。金利計算のために元本を名目上決めているが、これを想定元本と呼んでいる。

一方、通貨スワップとは、異種通貨間の異なる種類の金利を交換する取引のこと。この取引では元本の交換をする。スワップは、現物取引と比べてコストが小さく、事務手続が簡単である。例えば、債務を交換するには、面倒な法的手続きが必要だが、スワップ取引を使うと、金利支払い部分を交換するだけで、法的な手続きなしに債務の交換を行うのと同じ経済的効果が得られる。

スワップ取引は、1981年にIBMと世界銀行との間で取り交わされた米ドルスイスフランの通貨スワップがはじめとされている。

この用語が含まれる分野

© GOGA Inc.